ケアマネージャー実務研修受講試験合格 ケアマネージャーって何!?


 ケアマネージャーは、居宅介護支援事業所・地域包括支援センター・各種施設(介護老人福祉施設等)などに所属し、介護保険において要支援・要介護と認定された人に対して、アセスメントに基づいたケアプランを作成し、ケアマネジメントを行う職業です。

 主に介護全般に関する相談援助・関係機関との連絡調整・介護保険の給付管理等を行います。

 平成19年度より、介護支援専門員としての登録については、5年毎に所定の研修を受けることで登録を更新する更新制度が導入されることになりました。

 ケアマネージャーは、正式には介護支援専門員といい、ケアマネジャーを略してケアマネともいわれています。



Amazonでケアマネージャーに関するテキストや問題集を見てみる
ケアマネージャー実務研修受講試験合格を目指そうのTopページへ


ケアマネージャー実務研修受講試験合格 ケアマネージャーの受験資格について


 ケアマネージャー(介護支援専門員)実務研修受講試験の受験資格には、下記の法定資格などで5年以上の実務経験が必要とされています。

医師,歯科医師,薬剤師,保健師,助産師,看護師,准看護師,理学療法士,作業療法士,社会福祉士,介護福祉士,視能訓練士,義肢装具,歯科衛生士,言語聴覚士,あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師,柔道整復師,栄養士(管理栄養士を含む。)又は精神保健福祉士

上記の資格がない場合は、所定の福祉施設での介護等に従事した期間が10年以上必要になります。



Amazonでケアマネージャーに関するテキストや問題集を見てみる
ケアマネージャー実務研修受講試験合格を目指そうのTopページへ


ケアマネージャー実務研修受講試験合格 ケアマネージャーの試験科目について


 ケアマネージャー(介護支援専門員)として任用されるには、各都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修」を受講したうえで、はじめて登録申請を行うことができます。

「介護支援専門員実務研修」を受講するために「ケアマネージャー実務研修受講試験(1次試験)」に合格しなければなりません。

「ケアマネージャー実務研修受講試験(1次試験)」の試験科目は、介護支援分野・保険医療分野・福祉サービス分野からそれぞれ出題されます。


Amazonでケアマネージャーに関するテキストや問題集を見てみる
ケアマネージャー実務研修受講試験合格を目指そうのTopページへ


ケアマネージャー実務研修受講試験について


 ケアマネージャー(介護支援専門員)の実務研修は各都道府県単位で行われますが、研修内容については概ね以下の通りとなっています。

【研修科目】
介護支援分野
基本視点
介護保険制度
要介護・要支援認定特論
介護支援サービス機能・要介護認定方法論
保健医療福祉サービス分野
高齢者の身体的・精神的特長と高齢期の疾病・障害
訪問介護方法論
通所介護方法論
短期入所生活介護方法論
福祉用具、住宅改修方法論
指定介護老人福祉施設サービス方法論
公的サービス、社会資源導入方法論

 出題範囲が狭い分、突っ込んだ内容を問う問題も出題されますので、深く掘り下げて理解しながら勉強を進めていく必要があります。



Amazonでケアマネージャーに関するテキストや問題集を見てみる
ケアマネージャー実務研修受講試験合格を目指そうのTopページへ


ケアマネージャー実務研修受講試験合格 ケアマネージャーの勉強方法


 ケアマネージャー(介護支援専門員)の本試験は、介護支援専門員基本テキストから出題されますので、それを抑えれば間違いなく合格ラインに達します。

 しかし、相当分厚い本ですので、十分な気合いが必要です。自信のない方は、その他通信教育・専門学校等自分に適した勉強方法を見つけだしたほうが良いでしょう。

 ただ、ケアマネージャー資格の試験は、社会福祉士資格と比べて、捻った問題も出ませんし、しっかりと勉強さえすればさほど恐れるに足らない試験です。

 もちろん難しくない試験だからこそ、平均点も高くケアレスミスが命取りとなってしまうのも事実です。ちなみに合格率は20%台です。

 直前になって焦らなくて済むよう、計画的にコツコツと勉強をしていくのが、合格へ向けての一番の近道であり、王道です。是非頑張って下さい。



Amazonでケアマネージャーに関するテキストや問題集を見てみる
ケアマネージャー実務研修受講試験合格を目指そうのTopページへ


ケアマネージャー実務研修受講試験合格 ケアマネージャーの就職について


 ケアマネージャー(介護支援専門員)の就職場としては、大きく
@居宅介護支援事業所
A各サービス事業所(特養、老健、有料、デイサービス、グループホー ムなど)の2つに分けられます。

@では、適切な在宅や施設のサービス受けられるように市町村、在宅サ ービス事業者、介護保険施設等と関わっていくためのサービス調整を 主とした業務になります。

Aでは、その事業所内でご利用者が適切にサービスを受けるための、個
 別の生活援助のための計画作成が主となります。

ケアマネージャーは、どこの事業所も常に人手不足で、需要に供給が追いついていない状態です。もちろん、業務の多事多端、困難、複雑化等による人材の流出がその一因になっているのですが、その反面ケアマネージャーは大変やりがいのある仕事です。どうぞケアマネージャーの資格でご利用者様の笑顔を迎い入れてください。そして低迷がちな福祉業界を大いに盛り上げて行きましょう!

ふくしのしごとがわかる本―福祉の仕事と就職活動ガイド
介護・福祉のお仕事探すなら【ケアの王国】!!
介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

ケアマネージャー実務研修受講試験合格を目指そうのTopページへ


ケアマネージャー実務研修受講試験合格 ケアマネージャーの声


ケアマネージャーの声です。

・ケアマネージャー実務研修受講試験は、正直難しかったです。でも基本テキストと問題集を何度も何度も繰り返し覚え、上位で合格することができました。途中であきらめずに本当に良かったと思っています。これから受験される方も、基本テキストと一つ問題集を購入され繰り返し勉強して下さい。必ず合格できます!
(50代男性)

・ケアマネージャーを取れば自信が持て、多くの弱い立場の人々を社会的にも助けることができるのではと思います。
(30代女性)

・ケアマネージャーの資格は取ってからも日々勉強です。特に私のような福祉の人にとっては、医療系の知識に乏しく毎日必死です。
(40代女性)

・ケアマネージャーの資格を持ってると、「すごい」と思われますのでその名に恥じないよう頑張っています!
(20代男性)

・一重にケアマネージャー(介護支援専門員)といっても、私のような新人からベテランさんまで様々です。でも一言自信を持っていえることは、ケアマネージャーに求められるのは、知識や経験はもちろん必要でしょうけど、一番は人間性です。人間性とはやさしさとか思いやりとか、本当にご高齢者のためを考えた言動を常に取れる人、それがご利用者様から選ばれるスーパーケアマネだと思います。
(20代女性)



Amazonでケアマネージャーに関するテキストや問題集を見てみる
ケアマネージャー実務研修受講試験合格を目指そうのTopページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。